財団情報

代表理事挨拶

 今回、令和2年6月より当財団の代表理事を拝命しました石橋由孝と申します。私は長年腎臓内科の診療に携わっている医師です。

 当財団は、「慢性腎不全の予防・進展阻止、末期腎不全医療全般にかかわる教育や研究への助成」を主目的として、平成25年4月1日公益財団に認可されました。

 技術進歩と戦後の医療保険制度の整備により、末期腎不全に至った後も「腹膜透析・血液透析・腹膜透析と血液透析の併用療法・腎臓移植」のいずれかを選択するあるいは相互移行することにより患者の長期生存が可能となりました。

 昭和の半ばまで、死の病いであった末期腎不全が、名実ともに慢性疾患となったと言えます。技術の完成度は相当に高く、患者の長期生存が可能となりましたが、個々の患者及び支援者の方の満足度を高めるためにはさらなる進歩や工夫が必要です。令和となった今、理系・文系を問わず、分野横断的な知の導入による新たな価値創造が必要であろうと考えております。

 本財団は、このような目的に賛同され、全人的な視点で腎疾患・腎不全医療に貢献したいと考える人に対し、微力ながらの応援をすることができれば本望と考えております。最後になりましたが、皆様の変わらぬご支援とご協力を賜れますと大変幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

石橋 由孝代表理事

令和2年7月吉日

公益財団法人石橋由紀子記念基金

代表理事 石橋 由孝


  • 評議員一覧

    評議員
    草深 多計志
    評議員
    南雲 忠信
    評議員
    吉岡 尚文
  • 理事一覧

    代表理事
    石橋 由孝
    理事
    小口 勝司
    理事
    加賀見 俊夫
    理事
    齋藤 康
    理事
    佐久間 曻二
    理事
    林 睦雄
     
    監事
     
    石橋 正孝
  • 発起人一覧

    発起人
    仙谷 由人
    発起人
    石橋 由紀子

選考委員一覧

  • 委員長
    齋藤 康
    委員
    谷口 克
    委員
    友 雅司
    委員
    中元 秀友
    委員
    南学 正臣
    委員
    槇野 博史
  • 委員
    増田 政久
    委員
    松尾 清一
    委員
    水口 潤
    委員
    山縣 邦弘
    委員
    山下 明泰

法人情報

公益認定日
平成25年4月1日
主たる事務所の所在地
東京都港区新橋二丁目16番1 ニュー新橋ビル402-1号
認定を受けた法人の名称
公益財団法人石橋由紀子記念基金
公益目的事業

腎不全の予防及び腎臓移植に関する高水準の技術・研究・教育活動への経費を、専門性の高い医師、医療法人、看護師、技師、その他医療に携わる関係者へ助成し、かつ有識者を講師としたセミナーを通じ、最新技術の開発研究等の情報提供と、広く本事業を普及啓蒙するための活動を行うことにより、既存ネットワークの更なる充実を図り、もって同医療におけるフォロー体制をより一層強化させることを目的とする事業。

収益事業等
土地賃貸事業
お問い合わせ