腎臓病予防、治療、移植に関するフォローや普及啓発を目的とする財団

財団情報

代表理事挨拶

 当財団は、「腎不全の予防、腎移植医療に関わる教育・研究への助成と、移植患者への支援」を目的に、平成23年4月に設立され、平成25年4月1日をもって、公益財団に認可移行いたしました。

 財団の冠名となっている石橋由紀子さんは、私と同郷の知人で、石橋さんは日本の腎移植患者の草分け的存在でもあり、ご本人も数度の移植を受けられた身でありながら、元気にビジネスにおいても力量を発揮され、立派な業績を上げておられます。

 ご本人は、長年苦しみつつもまた乗り越えてきた腎不全・腎移植に対する経験をもとに、当財団を通じていささかなりとも貢献をしたいとの強い熱情をお持ちです。この強い意志に敬服、賛同し、西川善文前代表理事のあとを継いで代表理事に就任させていただきました。

 私自身、身内に石橋さんのご紹介で腎移植を受け、元気に毎日過ごしている者がおり、その大切さを痛感し、感謝しております。

 今や透析患者数は34万人と言われ、これに関わる医療費は年間1.7兆円にも達しています。当財団の行う支援努力の内容は、貧者の一灯やもしれませんが、どうか石橋さんの意思を斟酌賜り皆様の絶大なるご支援とご協力をお願い申し上げます。

代表理事

平成28年4月

公益財団法人石橋由紀子記念基金

代表理事 庄山 悦彦


  • 評議員一覧

    評議員
    草深 多計志
    評議員
    南雲 忠信
    評議員
    吉岡 尚文
  • 理事一覧

    代表理事
    庄山 悦彦
    理事
    小口 勝司
    理事
    加賀見 俊夫
    理事
    齋藤 康
    理事
    佐久間 曻二
    理事
    林 睦雄
     
    監事
     
    石橋 正孝
  • 発起人一覧

    発起人
    仙谷 由人
    発起人
    石橋 由紀子

選考委員一覧

  • 委員長
    齋藤 康
    委員
    谷口 克
    委員
    友 雅司
    委員
    中元 秀友
    委員
    南学 正臣
    委員
    槇野 博史
  • 委員
    増田 政久
    委員
    松尾 清一
    委員
    水口 潤
    委員
    山縣 邦弘
    委員
    山下 明泰

法人情報

公益認定日
平成25年4月1日
主たる事務所の所在地
東京都港区新橋二丁目16番1 ニュー新橋ビル402-1号
認定を受けた法人の名称
公益財団法人石橋由紀子記念基金
公益目的事業

腎不全の予防及び腎臓移植に関する高水準の技術・研究・教育活動への経費を、専門性の高い医師、医療法人、看護師、技師、その他医療に携わる関係者へ助成し、かつ有識者を講師としたセミナーを通じ、最新技術の開発研究等の情報提供と、広く本事業を普及啓蒙するための活動を行うことにより、既存ネットワークの更なる充実を図り、もって同医療におけるフォロー体制をより一層強化させることを目的とする事業。

収益事業等
土地賃貸事業
お問い合わせ